効率化・スリム化

外部研修をうまく利用することがコストダウン・社員定着率に大きく影響する時代です。

驚くほど簡単に導入可能

難しく考える必要はありません。専門のスタッフが濃縮された研修を驚くほど低価格で提供します。

中小企業だからこそ

中小企業だからこそ差別化を図るために社員研修の導入は必須となりつつある時代です。

新人研修を始め社員研修はアウトソーシング時代へ。
社員研修を外部委託することで、驚くほど社内業務の効率化を図れます。
当社では圧倒的なコストパフォーマンスで研修代行業務を承ります。大阪・神戸・京都など阪神間で研修会社をお探しの企業様はお気軽にお問い合わせください。

社員研修を考える

なぜ今、社内研修を考えないといけないのか。

一般的な企業であれば、入社の時期は4月のみという会社がほとんどだと思います。多くても春秋の2回ではないでしょうか?

人事担当者の方は、大学3回生や4回生と合同説明会や企業説明会で話す機会は多くあると思いますが、実際に社員対社員として説明する機会というのは限られていると思います。

その中で、年に1回か2回しかない研修のために多くの準備を行い講師役の選定やシミュレーションなど慣れない業務を行うのは大変な苦労があります。

そこで当社では毎日のように、派遣会社などを含めて入職者(新入社員)向けの新人研修を行っている実績があります。

その為、研修のスピードや特に重要なポイントなど伝え方も含めて日々改善し蓄積されていきます。

新入社員にとっては人生で1回しかない新人研修を高品質で提供し、新入社員として最高のスタートができるお手伝いをさせて頂きます。

 

当社の社員研修の4つのポイント
新入社員(フレッシャーズ)向けに特化しているため新入社員に必要な情報を的確に把握している

例えば、新入社員研修もやったり中間管理職研修をやったり上級管理職研修をやったり、幅広く行っている会社は、どうしても「できる人」「わかる人」のレベルありきで話を進めてしまいます。

このくらいの知識は新卒者でもあるだろう。ここのレベルは知っているはずだから研修から外して別のことをしゃべってもいいだろう。

新入社員向けの研修では、そんなこと知っているでしょ?っていうくらい初歩の初歩からお伝えすることが大切です。

しっかりとした基礎知識がそれから5年10年その人の社会人としての成長の礎となって、現れてきます。どんな立派な建物(知識)も基礎がしっかりとなければブレてしまいますし、定着しません。

一律料金制度の導入
研修会社が行っている新入社員などは一人○万円という料金設定をしている場合が多く残っています。

全員に研修をうけさせたいけど数十人単位で申し込むと100万円を超えてしまう為、この配属先にはあんまり外部との接触がないから現場でその場その場で教えてもらえばいいよね。といった様に受講できる者とできない者が出てくる場合があると思います。

中間管理職以上であれば必要なスキルに合わせて受講する研修を選んで全員が一律に受ける必要はないかもしれませんが、スタート地点がバラバラだと、今後成長してきたときに、○○さんはマナーがしっかりしている。××さんはマナーの知識が無いというような差が生まれてきてしまいます。

スタート地点を一定にして会社のマナー力を底上げするためにも、当社では、1開催で一律の料金を頂いております。

※研修のテキストに関しては31人以上開催の場合は一部ご負担いただいております。

対面研修だから疑問点をすぐに解消できる
講師派遣型研修の中では低価格を自負していますが、映像を一回撮って何度でも使えるeラーニング型に比べるとどうしても値段は少し高くなってしまいます。しかし、対面だからこそできることがあります。

それは、わからないことをすぐに聞けるということです。映像を流し見していると、わからないことが出てきてもすぐに調べられないし、回答してくれる人も身近にいないかもしれません。

また、受講者様は十人十色です。重点的にやった方がいいポイントは毎回異なります。枠にとらわれず臨機応変に対応できるのも対面型ならではの利点です。

1回3時間~の短期集中型
新入社員や新規派遣スタッフといえども、研修期間中もお給料が発生してしまいます。その中で、1日7時間や8時間行うとなると、研修費以外の人件費でとても予算を圧迫してしまうと思います。

そこで、当社では基本パッケージを3時間に設定して行います。3時間であれば一般企業様であれば、入社式の後にそのまま行ったり、社内独自の研修などの前後に3時間研修をするというような利用方法もできます。

人材サービス業の会社様でしたら、午前と午後など複数回開催できるので、1日で対応できる人数が大幅に向上させることができます。